「国語」の意味

2018.02.16 Friday 17:16
0
    私は中学高校の「国語」の教職免許に必要な単位を取得しました。
    教職にはつきませんでしたが、塾の講師を4年ほどやっていました。

    「国語の授業なんてつまらない。」
    「テストの読解の質問なんて人それぞれでいいんじゃない?」
    「本を読んでもつまらない。」
    なんて人、たくさんいますよね。
    生徒の中にもたくさんいました。

    「先生!国語の授業ってなんの役に立つんですか?」
    と意地悪な生徒が質問して来ます。
    こちらは「よし来た!」とばかりにじっくりと説明するのです。

    人と人とのコミュニケーションは言葉で成り立っている。
    大抵は母国語である。

    相手の気持ちをわかりたい!
    自分の気持ちを正確に相手に伝えたい!
    誤解を解きたい!
    謝りたい!
    話し合いたい!
    笑わせたい!
    楽しませたい!

    という場面に当たり前のように出くわすでしょう?
    そのときに相手の気持ちを察したり、
    自分の気持ちを伝えたりできる訓練をするのが「国語」の授業です。

    手紙を受け取るときもあるでしょう。
    ラブレターも。
    映画やドラマを観るでしょう。
    小説や漫画だってそうです。
    より内容を豊かに受け止められるように
    そしてその気持ちや感動を相手に伝えられるようになれると
    きっと豊かな人生が送れると思うのです。

    母国語を勉強することはすごく大切だし
    学校の授業では「基礎」だけをやります。「言葉の世界」は奥が深いものですから。

    「基礎」はそんなに難解なものではないです。

    このことに気づけば
    人への思いやりや誠意を持つ人は「国語」が楽しくなるし得意にもなるでしょう。

    では授業を続けます(・∀・)

    「先生!でも相手が国語が苦手で伝える力や読解力のない人だったら意味がないですよね?」

    「お?頭いいねぇ。
    うーん、得てして争いの火種はそこにあるのかもですね。
    どうしたらいいかは先生にも分かりません。
    ごめんなさい。
    でも国語を勉強しない言い訳にはなりませんよ。
    そんな、人の気持ちが分からない人になりたくないでしょう?

    はい、「オツベルと象」の続きやりますよぉ」

    ピアノのスペース

    2018.02.15 Thursday 19:06
    0
      子供の頃、ピアノを習ってたって人、結構いますよね。
      ギターなど他の楽器を弾くとか
      歌うとかっていうので実は役に立ってるんです。
      子供の頃に習得した音感は一生もので
      正直かなりの差が出て来てしまいます。
      そんな訳でナイトカフェ弾き語りには
      ピアノ経験者が結構集まります。

      でもピアノは大きくて幅を取るので
      当店のステージの半分を占めてしまうのです。
      それで段々ピアノをしまうようになって来たのです。

      昨夜はピアノ弾き語りの方がはるばる静岡からやって来ると聞いていたので
      ピアノを設置しましたが
      やはり場所とるなぁ、と。

      その時閃いたのです!びびーん!

      びびーん!

      これ!
      これなら弾くときに椅子を出せば良いだけだし。
      セッションとか練習とかには充分ですよね。

      ライブの時はしっかり出しますけどね。
      しまうよりはいいでしょ?

      「コロンブスの卵」ですな。

      「ライブ」っていいね

      2018.02.14 Wednesday 14:12
      0
        昨夜はクジ運悪く「トリ(最後の出番)」を
        引いてしまって
        22時過ぎても帰らずに聴いてくださってありがとうございました。

        聴いてくださる方がいて
        信頼出来る裏方(音響、照明など)がいて
        思いっきり気持ち良く歌えました。

        (げんさん撮影 痩せて見える!)
        またこの「弾き語りフェスタ」に登場しようと思います。
        自身の「会心の作」を歌い続けてみます。
        よろしくお願いします。

        2/13セットリスト
        1.がたがた道(ロングバージョン)
        2.地球の裏通り(朗読)
        3.本当はぶちまけたい僕のブルース
        4.しゃぼん玉
        5.夢の中では
        6.でんでん虫
        <アンコール>
        ラッシュタイムマシーン

        明日2/13の「弾き語りフェスタ」は

        2018.02.12 Monday 19:18
        0
          明日2/13火曜日の「弾き語りフェスタ」は

          私の学友(隣のクラスの同級生)
          マコトッチーノさん!
          弾き語りソロで30分枠のライブは私が知る限り「初」です。
          歴史の証人になれます!

          たつさんは
          ほら!あの!喫茶クリエイトのマスターですよ!
          知る人ぞ知る名曲をしっかりと聴かせてくださいます。
          たつさんが唄う歌、私全部大好きなんです。
          楽しみ!私が(・∀・)

          げんないさんは
          ほら!あの!ヨッパのげんちゃんですよ!
          歌とギターの安定感でこの人にかなう人はいないでしょう。
          美しい響きに酔ってください。
          げんさんはお酒に酔ってください(・∀・)

          そして不肖ワタシクシメ、らうむ木村。
          いつもはMC(しゃべり)で笑わそうとか頑張ってスベって失敗するので
          学習しました(ようやく)。
          真面目に歌うことにします。

          滅多にやらない「がたがた道」のロングバージョンや
          朗読もやります。
          ヤイリギターを使います。

          チャージ無料です!ぜひぜひ!!

          鉄板ナポリタン発祥の店

          2018.02.12 Monday 02:28
          0
            東区の車道(くるまみち)でお仕事だったので
            前々から行きたかった喫茶店へ。

            「喫茶ユキ」という「鉄板ナポリタン」を編み出したお店である。

            長崎チャンポン発祥の店は大儲けで、残念ながら味は地に落ちてしまったが、
            さぁこの店はどうか?

            あれ?全然儲かってるようには見えない。

            レトロな喫茶店の佇まい。広くもないけど狭くもない。心地良い。
            価格も安い!
            儲かってないわけだよ。


            手前、「イタリアンスパゲティ」650円。
            奥の「ハンバーグ定食」750円。

            さてさて味は?

            正直に言いましょうか?

            うまいです!美味しい!

            気に入りました!
            今度すえちゃんを連れて行くの決定!
            家から自転車で10分くらいの場所だから。

            ネットで「鉄板ナポリタン発祥」で調べたら
            このお店の紹介がたくさん出て来ます。
            みなさんもぜひ!

            「かぐや姫」が思い出させた「友情」について

            2018.02.11 Sunday 02:03
            0
              中学は私立の1学年ひとクラスの小さな学校に通ってた。

              当然、3年間同じクラスメイト、担任の先生も3年間変わらない。

              島から知り合いが1人もいない中、入学した私はドギマギしながらも友だちができて
              なんとか平和な中学生活を送ってると思ってた。

              中学2年生の時、
              クラスメイトの5人のグループの万引き常習が発覚し大問題になった。
              そしてその万引きした本とか文房具とか雑貨をクラスの中で売買していたことも発覚し
              校長や担任などが教室で「取り調べ」的なことをやった時の話。

              「みんな目をつぶれ!」
              「この万引き品の売買に関わった者、手を挙げろ!」
              みたいな感じで進む。
              私は本当にクラスメイトの万引きも知らなければ関わりもなかったので
              「この万引きのことを全く知らなかった者、手を挙げろ!」
              と言われた時、初めて手を挙げた。

              その人数はたったの3人だけだったらしい。
              50人のクラスで。

              担任の先生が言う。
              「今、手を挙げた者はそれはそれで問題だ。
              『友だち』とはなんなのか?
              学校生活とはなんなのかちゃんと深く考えなさい。」

              クラスメイトが万引きをしてて、それになんらかの関わりを持っている人が殆どの中、
              私は何にも知らなかった。
              後で知ったが一年生のときから続いていたのだそうだ。

              田舎から出て来て神父養成所「神学校」で生活している神学生はこの時私を含め16人。
              この内、14人がクラスメイトの万引きのことを知っていた。
              もちろん万引きには加担していないが。(外出禁止なので物理的に不可能)

              神学生で知らなかったもう1人は、
              私と成績トップを争っていたガリ勉君だった。
              もう1人、知らなかった一般生も、
              一般生の中ではトップの成績のガリ勉君だった。

              つまり、私を含め3人は「優等生」のレッテルをクラスメイトに勝手に貼られ、
              距離を置かれていたのである。

              それこそ知らなかったので、ショックを受け落ち込んだ。
              「オレって友だちいなかったんだ」
              道理でクラス内でグループ分けするときに何となく余り者グループになんとか入り込んだり


              剣道部の不良(今、観光地で人力車を引いてる去年会ったクラスメイト)から
              「頭ん良かっていうてノボすんなよ!」
              (成績が良いからって調子にのるなよ!)
              といきなり言われたこともあった。
              もちろん成績が優秀なことを自慢したことなんてなかったのに。

              親元離れて上手く中学生活を送ってるつもりでいた私は
              それから「自信」がなくなって
              友だちだと思ってたクラスメイトに不信感ができた。
              「いじめ」とか「仲間はずれ」とか露骨な被害はなかったけど
              クラスで浮いてる感じをずっと持つようになった。

              高校に入ったら普通の成績、いやちょっと悪いくらいの生徒になろう。
              優等生のレッテルを貼られないように。
              だって友だち欲しいから。
              なんて考え、実際に実行した。

              中学時代、大好きで毎日弾き語ってた「かぐや姫」。
              (拓郎も陽水も長渕もさだまさしも千春も)
              今日「かぐや姫しばり」のイベントを楽しみながら
              こんな思い出が蘇って来たのだった。

              参考記事
              2016/11/29「フォークギターの思い出」

              ミュージックビデオ JAPAL

              2018.02.09 Friday 17:51
              0
                古い仲間のバンド「ジャパール」さんが
                閉店間際に来店。

                「ちょっと撮影させてもらってもいいですかぁ?」
                と気楽な感じ。
                「どうぞどうぞ(^-^)」
                と正味数十分ほど。
                なにやらやっていた。

                それからたったの3時間後にYouTubeに
                アップされたミュージック動画がこれ!

                YouTubeの動画へ

                すごいでしょ?
                ロケ地「仲田本通商店街」(・∀・)
                特別出演 ナイトカフェ弾き語りの常連さん
                そして

                すえちゃん!

                こんな手軽に撮影とか編集とかできる時代なんだねぇ。
                私も勉強してできるようにしようかなぁ。

                娘の望み

                2018.02.08 Thursday 18:39
                0
                  ビンボーなクタ子ちゃんがお金を差し出して
                  「これでステージの緞帳(どんちょう)を作ってくれ!」
                  と言ってきた。

                  小学生の低学年の娘がお年玉を貯めた
                  全額3000円を父親に差し出して
                  「これでペットの犬を飼いたい!」
                  と言ってくるような可愛らしさにやられ

                  「そ、そうか、うん、お父さん、わかったよ」
                  なんて。

                  それから後悔。
                  設置とか遠隔で開閉とかいろんな難問が降りかかる。

                  でもクタ子ちゃんからはもうお金をもらってしまってるし。

                  実は11月に要求されてたのだけど。
                  3ヶ月経った今日!


                  うりゃ!
                  一念発起!
                  3時間かけて





                  紐を引っ張ると幕の開け閉めができるシステムの基礎が完成!

                  後の布?カーテン?幕?はクタ子ちゃんに任せることになっている。

                  「しかし面白いハコだなぁ(・∀・)」と自分でも思うよ(^-^)

                  第一歩

                  2018.02.07 Wednesday 13:17
                  0
                    昨夜の「弾き語りフェスタ」は
                    人生初弾き語りライブの人ばかりで
                    いろんな想いが溢れる時間でした。
                    とっても良かった!




                    それぞれの方の
                    「達成感」「高揚感」があって
                    恐らく
                    「反省」「後悔」「失望」もあるかもしれません。
                    でもそのネガティヴな気持ちは次に繋げればすぐに消化できるのです。
                    早々に次のライブの予定を立てて
                    その日に向ければネガティヴな気持ちがポジティブに変化していきます。

                    「あそこをこうすれば良かった、、あーぁ」

                    「あそこをこうしよう!やるぞ!」
                    と変わるのです。

                    それぞれ「表現」の目的や目標は違うでしょうが、
                    どうか「弾き語りライブ」が病みつきになって欲しいです。
                    観るのも演るのも楽しめるようになれば
                    きっと素晴らしい人生になると信じています。

                    ボンボヤージュ!!

                    化学反応

                    2018.02.05 Monday 16:36
                    0
                      昨夜の いとうたかおさんと川沿クタ子ちゃんのツーマンライブ。

                      凄かったですねぇ。
                      1日経ってさっきも、いまじんのマスター関ちゃんと
                      「良いライブだったー」と話しておりました。

                      ふと「化学反応に例えられるんじゃ?」
                      なんてライブの最中に閃いて

                      いとうたかおさんも川沿クタ子ちゃんも
                      それぞれの歩んできた道でたくさんの原子や分子と合わさって
                      化学反応を繰り返し起こして
                      今の凄い存在がある、と。
                      宇宙さえ作ってしまう化学反応の過程で
                      聴いて心を震わせてるお客さん、私、この場所、音、空気、いろんなものがまた化学反応を起こしてる。

                      みたいなことをうまく論理的に論じて
                      みんなに分かって欲しかったんだけど
                      いかんせん「化学」の授業をそう言えば受けなかった(私学だからね。スイヘーリーベボクノフネってさえ知らないのだ。)
                      身の上ゆえ語彙力ゼロなのだ。

                      でも昨夜のライブを観た人には伝わると思う。

                      「弾き語り」の世界に居て良かったですよね。

                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM