連続写真

2017.09.23 Saturday 06:30
0
    「iPhoneの空き容量が残りわずかです」


    と出ると粛々と溜まった写真や動画をパソコンに移す作業をする。

    そのときに「ん?なんだこの写真?撮ったっけ?」
    ってのありますよね?

    今回はこの連続写真











    カラオケ喫茶「いまじん」での写真。
    みんな楽しそうだ。

    トーテムポール

    2017.09.21 Thursday 17:40
    0
      小学生のとき、卒業生が何かを製作して学校に残していく伝統があった。
      2学年上の姉の卒業記念は数メートルもある大きなトーテムポールで校庭の目立つところに立てられた。
      それに1学年上の先輩もトーテムポールでその前年のものの隣に立てられた。

      当然、自分たちの時もトーテムポールを作るもんだと思い込んで楽しみにしていた。
      それがいつまで経ってもトーテムポールを作り出さない。
      結果トーテムポールを作らず卒業してしまった。残念だった。
      図工の時間に作った自画像を板に彫ったものが体育館の2階に飾られたらしい。
      なんじゃそりゃ?
      トーテムポールを彫りたかったーーっ!

      いつも前置きが長くてすみません。

      それを知ってか知らずか
      すえちゃんのお父さんお母さんがカナダのお土産をいただいた。

      トーテムポール!!

      かっこいい!憧れのトーテムポール!

      ちゃんと木を掘り抜いてますよ。凄い!
      カウンターの世界旅行スペースに置いてます。
      ドンドン触ってご利益もらってください!

      みんなで一緒に!

      2017.09.20 Wednesday 17:30
      0
        中学生の時には毎日やった。
        大学生の時も部室や合宿でよくやった。
        みんなで一緒に弾き語る。ギター出来ない人は大声で歌う。

        それを今もやってますヽ(・∀・)


        弾き語りサークル「ディラン」!!
        とにかく2時間、弾き、歌いまくる!
        楽しいです。

        来月の開催予定は
        10/3(火)
        10/17(火)
        10/31(火)
        です。
        詳細はホームページのレッスンのページで!
        お気軽に!
        楽しまなきゃ!

        ハッピーバースデー!

        2017.09.19 Tuesday 17:01
        0
          毎年9月は
          マコさんまるさんの結婚記念日、
          関ちゃんの誕生日、
          すえちゃんの誕生日と重なるので大変なことになる。

          ハッピーバースデー!


          マコさんまるさん結婚記念日おめでとう!

          せきちゃんのいまじんにも大合唱乱入したり


          からすみ!!

          炙ったからすみを大根で挟んで。

          もちろん、いまじんにもおすそ分け。

          ふぉーく遊では江口さんの娘さんが帰国。
          アイルランドからアイリッシュウイスキー!



          いただきます!
          シングルモルトなので香りが素晴らしいね!

          毎日誕生日ならいいのにね。


          江口晶さんの「ハッピーバースデー」も聞けた!

          ハッピーバースデー!
          ハッピーバースデー!!

          役得役得

          2017.09.18 Monday 17:24
          0
            ギターレッスンの生徒さんやお客さんにギター購入の相談を受けることがある。
            話し合いの末、
            「じゃあ、私が代理で見繕って購入しますよ。」
            となると、もう楽しい!

            ネット上のあらゆるギター販売サイトを見て
            その人の希望スタイル、予算などで絞っていってコスパの高いものを選ぶ。

            今回の依頼はギターをこれから覚えたい人で「指が小さい?」とのこと。
            「指の長さ云々」には異論があるが「抵抗」をより少なく楽しく弾ければいいギターを探した。

            コレ

            モーリスのミディアムスケールモデル。
            通常の弦長より2cmも短く、ネックも薄め。ボディはオーディトリアムサイズ。
            弦はこれからエキストラライトに張り替える。

            実はこの同タイプのギターは昔近所の中学生から相談を受け、これを選んで代わりに購入したことがある。
            とても弾きやすくしっかり作られているギターだ。


            探し出す過程も楽しいし、現物が届いて微調整とかして触るのもいい経験になる。
            だから利益は載せないで請求している。

            でも、お客さんが取りに来たら直ぐに別れなければならないのが残念なんだけどね(´-`).。oOもう愛着が湧いちゃってるから。

            虹色電鉄!

            2017.09.18 Monday 01:08
            0
              台風接近もなんのその、
              今池祭りの「虹色電鉄」のライブは決行!

              「虹色電鉄」は
              ナイトカフェ弾き語りでギター教室を開いている森真人さんのイカシタロックバンドなのだ。


              カッコいいスリーピースバンド。


              美女のグルーピーたち。

              寂しかった会場が演奏が始まると

              続々とオーディエンスが集まって来た!
              会場スタッフから注意が入るほど。
              「もっと前に詰めて!」「歩道に止まらないで」


              いやぁカッコいい音、歌、ルックス!
              いいねぇ!

              かつてバンド時代の私が憧れた音の完成形があった。


              え?お前バンドやってたの?

              ええ、10年ほど、、ほら

              誰?私です、わ、た、し!

              長崎名物カラスミ

              2017.09.16 Saturday 17:02
              0
                長崎の名物に「カラスミ」と言うのがある。
                ボラの卵巣の干したもので珍味ものだ。

                大学時代、演劇部の1学年上に高野さんという女学生がいた。
                シャキシャキした姉御肌で人望のある人だった。

                彼女から「木村くん長崎出身なんだって?私も!」と話しかけて来た。

                私と同じ年の弟さんがいるそうでしかも私と同じ高校だと言う。
                残念ながら知らなかった。

                「そっかー、知らないかーじゃあさ、カラスミって知ってる?」

                「から、、すみ?いえ、知らないです。」

                「じゃあ、高野屋も知らないね。私の家なんだけど。」

                「すみません。知らないです。」

                カラスミは「珍味」だから子供の私には知らない世界のものだった。
                それに高級だからビンボーな私には(以下略)

                あれから30年経って、そういえば高野さんの家カラスミの高野屋って言ってたなぁ。どこにあるんだろう?とネットで調べてみた。

                !!
                有名なカラスミ屋さんだった。元祖らしい。この「高野屋」からカラスミが生まれたらしい。

                高野先輩の名前はフルネームで覚えているので今度帰省の時高野屋さん(県庁の近くにある)に訪ねてみようかな?

                って、今夜マ◯ラさんが長崎のカラスミを持ってくるらしい!!やったー!
                と言うことで書いたのだー!(^。^)

                グレープの好きな歌から抜粋↓

                習字コバナシ

                2017.09.15 Friday 13:42
                0
                  子どもの頃、習字教室に通っていた。
                  全国組織の日本習字連盟の教室だった。
                  1番偉くて1番上手な字を書くのが「原田観峰(かんぽう)」という白ヒゲのおじいさんだった。
                  その観峰先生の見本を真似て課題を書き
                  本部に送って「昇級昇段」を判断してもらう。

                  昇級命!でみんな励むのだ!

                  そして3ヶ月に一度ビッグチャンスがある。
                  季節に応じた「七夕大会」とか「書初め大会」とかに出品してそこで良い賞を獲ると飛び級、飛び段になることがあるのだ。

                  最高の賞は「観峰賞」。間違いなく飛び級になる。

                  私は「観峰賞」を三度受賞したことがある。えっへん。

                  その時の友だちとの会話(空想)

                  私「やったー!観峰賞とったよ!」

                  友「ふーん、それすごいの?」

                  私「なに言ってんの!すごいんだよ!じいさん先生の字に近いって認められたんだよ!」

                  友「え?字がじいさんなの?」

                  私「うん!字がじーさん」

                  友「じがじーさん、じがじさん」

                  私「、、、自画自賛。すまん。」

                  書道も奥が深いねぇ。そんだけー(・Д・)

                  騒音

                  2017.09.14 Thursday 17:16
                  0
                    朝から窓の外からドガガガ!ドガ!ゴゴ!
                    っとけたたましい音。


                    部屋が面した道路でなにやらアスファルトを壊す工事をしている。
                    眠れたもんじゃない。

                    全く迷惑だなぁ、なんて
                    それでもイヤホン使ったり、外を散歩したりでのんびり過ごせたんだけど。

                    夕方、一体何の工事だったんだろう?
                    と覗いてみた。

                    あ!


                    アレだ!

                    排水口だ!
                    人夫さんが2人乗れるほどの大きなもの。

                    そう、まさにこの地点のあの日の写真がこれだ。


                    良かった。もうこれで冠水することもないよね。

                    工事!おつかれさまでした!
                    たくさんの人が助かります!
                    ありがとう!

                    美容院で散髪

                    2017.09.13 Wednesday 01:01
                    0
                      私が通ってる美容院は腕もいいしベテランなので
                      すえちゃんたち女性陣にも紹介しようと思って
                      「ココ、女性が来てもいいですよね?」
                      と聞いたことがある。

                      美容師のおじさんの返事は
                      「いいんですけど、女性は数ヶ月に一度だけでしょ?それよりも頻繁に来られる男性がいいですねぇ。」
                      との答えだった。

                      てな訳で6ヶ月ぶりにボーボーに伸ばしっぱなした男、私 散髪に行って参りました。


                      自宅から徒歩5分。
                      ななひゃくごじゅうえん!
                      750円ポッキリでカットしてくれる美容院があるのだ。
                      750円って1万円の消費税にもならない。

                      こっそり店内を隠し撮り(貴重映像)

                      バーカウンターみたいなところで座って待つ。


                      赤と黒を基調にオシャレな店内。

                      ラジカセからは70年代のロックやブルースが流れている。

                      お話好きの美容師のおじさんは
                      政治の話、お酒の話、海外の話、なんでもござれ。
                      楽しく喋っているうちに
                      あっという間にカットの時間が過ぎる。

                      本当に支払うのは750円だけ。

                      おすすめですよ。
                      女性陣もおためしあれ。

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM