ミキサー イコライジング

2018.10.22 Monday 00:48
0
    ハコの音は音響さんの腕とこだわりの見せどころ。

    ミキサーはこう↑
    ステージ上はこう↓

    耳と脳をフル回転しながら
    楽器それぞれとボーカルそれぞれの音量のバランスを瞬時に調整し(ボリューム)
    ボーカルの程よい周波帯をブーストしたりカッもしたりする(イコライジング)
    イコライジングによってはボリュームにも影響が出るのでほぼ同時に操作する。

    曲調や歌声、キーとかマイクとの距離とか声量とか
    総合的に「良い」歌になるよう心を尽くす。

    ですから、歌が始まってから演者さんにマイクを近づけたりするのは不正解。
    「あぁこの人、裏方の経験ないんだなぁ」と思われてしまう。

    マイクとの距離は一概に指示は出来ないけど
    オンかオフかだけは気をつけて欲しいですけどね。

    裏方さんの話になると朝まで語ってしまうので簡単にここまでにしておく。

    モニタースピーカー

    2018.09.03 Monday 03:39
    0
      時々私もステージ上で演奏することがあります。
      その時にモニタースピーカーの具合を探るのですが
      どうも満足できたことがない。

      種類の違うパワードスピーカーを両サイドから鳴らしているのだが
      音質や周波帯の音量のバラツキが気になる。

      そこで一念発起!

      根本から変えることにした。

      まずはPA側でパワーアンプを追加した。

      ヤマハの名機。50W×2chの安定パワーを供給してくれる。

      となるとスピーカーはパッシブでよい。
      フルレンジ160Wスピーカーを設置。

      Panasonic製。
      電源も必要ないしコンパクトなので演者の前方に置け、ハウリング対策にもいいし
      個人的にもモニターはこの位置が演りやすい。


      PAシステムの試行錯誤はおもしろい。
      沼にズブズブ。

      さよなら諭吉さん(つД`)ノ

      PAブース作った

      2018.07.29 Sunday 01:50
      0
        ナイトカフェ弾き語りのPAブースは
        音響、照明、幕の開閉、
        オーダー受付、お金のやり取り、
        お皿洗いまで
        移動しないで1人でできるように、
        が理想。

        それで今までの音響ミキサーは

        ステージに背を向けて操作しなければ
        ならなくて、ちょっと繊細な微調整が面倒だった。

        構想数ヶ月。

        台風が接近するとのことで、
        午前中からの予定がキャンセルに。
        やるなら今だ!

        とばかりに、大工仕事を独りゴソゴソと始めた。
        ワイヤーの取り回しの変更。
        それに伴う様々なもののやり直し。
        ウクレレの吊り、電源コードのやり直しがきつかった。
        お皿の乾燥置き場をゴッソリ移動して
        ステージを見ながら操作できるPAブースを作った。

        天才!

        レジもコンパクトで簡易なものに変更。
        機動力重視。

        第1号は大好きな鎌倉研さんのライブ。


        とてもステキなライブでした!

        PAもうまくいきました!
        メデタシめでたし。

        明日は「ゆうくた工房」だ!

        犠牲になったのは、、

        2018.06.14 Thursday 17:57
        0
          思い立ったが吉日。

          ここにあったカミテのスピーカーを
          うりゃっ!と

          移動して吊り下げました。

          カミテのスピーカーから見える景色


          シモテのスピーカーから見える景色

          毎日、「音」のことを考え遊べて楽しい。

          あ、タイトルの犠牲になったのは、、
          汗だくだく、脚立を昇ったり降りたり。
          ふーっ、終わった、と思いっきり片脚を脚立から床に落とすと、
          ビリリッ!
          そうズボンの股部分がお逝きになられました。
          なんまんだぶ。
          つい先程の話なので、何食わぬ顔で履き替えないままです。
          カウンターの中にいる分には誰も気づかないはず。

          シモテのスピーカー

          2018.06.06 Wednesday 17:13
          0
            下手(しもて)側のスピーカーは演者の後方にあった。
            下手側のモニターす スピーカーがなかった頃は
            この背後のスピーカーがモニターも兼ねていた。

            でも背後にあると問題が、、、
            そうハウリングが起こってしまうのだ。
            マイクをスピーカーに向けるとハウリングが起こるからね、どうしても。

            下手側にもモニタースピーカーが増設されたしね、 んでね、



            今まであったところから移動

            演者の前方に持っていきました。

            これでハウルのを気にせず存分にミキシングできる。

            取りかかると止まらず

            ステージ下にあるラインの交換をやっちゃった。
            ステージヒッペ返して、潜り込んでラインを通して、
            汗だくだくぼたぼたのところに
            レッスン生が入ってきて焦ったけど。
            より良い音を!
            頑張ってます!

            ステージが広くなった!?

            2017.03.08 Wednesday 17:12
            0
              ステージのスペースをどうしても取ってしまうピアノ。

              オープンマイクの時には殆ど出番なしなのにもったいない。

              閃いた!
              このスタンドが幅利かせてるんじゃないか?

              閃くそのまま、貯まったヤフーポイントで

              買っちゃった(^-^)

              クタ子ちゃんの歌で
              「ナイトカフェ弾き語りは売り上げがピンチのときに限って機材を買う」
              というのがあるが
              「投資」と言ってほしい。
              かの松下幸之助先生のやり方なのだ。

              で、効果はと言うと
              Before


              After


              おおっ!一目瞭然!!

              ステージが広くなった!

              このX型スタンドの良いところは
              省スペースなのと
              簡単に高さの調整ができること。

              ほら!

              立って弾くことが出来るようになったよ(^_^)
              これでより気楽になったし、省スペースだよね。

              投資成功!

              パワーアップ!!しました!

              2016.11.09 Wednesday 01:41
              0
                「リズム」は大事。
                歌にも伴奏にも。


                ドラムの経験がなかった私は
                このドラムセットを叩いてて
                リズムが形になって見えて来るようになりました。
                ドラム効果バツグン!

                でね、
                御察しの通り、
                このドラムセットが「パワーアップ」したのです!


                まず以前のドラムセットを撤去((´Д` )さようなら)
                ピアノを移転。

                そして空いた場所に!

                じゃじゃんっ!!

                Roland V-Drum HD-3


                静音性とコンパクトさで人気のヤツ。

                ほらこんなにコンパクト!



                叩き心地はホンモノっぽい。

                音量は今まで通り、ギターや歌よりも小さい音で行きます(「弾き語り」ですからね)
                が、
                なんか「叩いたー!」という満足感はあります。


                専用のスピーカー(Roland PM-03)も同時に購入しましたので
                音質も満足ですよ。

                「絵」になるよ!

                かっこいいっ!

                ライン修復完了!

                2016.09.15 Thursday 17:44
                0
                  ナイトカフェ弾き語りの音響システムは
                  実はなかなかに考えられて作られてある。




                  カウンターの中で遠隔操作ができるシステムは
                  とても便利。

                  自分で考えて組み上げたシステムだから
                  もしなんらかのトラブルがあったとしても
                  不具合の原因の特定から修復まで業者の手を借りることなく出来るのも気に入っている。

                  ギター用のラインの1つがどうもダメのようだ。

                  原因はステージ下を通しているケーブルの断線。

                  ステージ下にマルチボックスが仕込まれている。

                  DIは4本分ある。

                  ケーブルの交換とついでに

                  ギターシールドも新品に。

                  修復完了。
                  スタージ下の作業だったから汗だくだったけどね。

                  ついでについでに、

                  みなさん用のピックも買いましたぁ!
                  ガシガシ弾いちゃってくださぁい!

                  我に秘策あり

                  2016.02.26 Friday 18:28
                  0
                    ナイトカフェ弾き語りのキャパは
                    通常で20人。
                    20席は常時あります。

                    意外と広いでしょ?

                    でも30席欲しいLIVEやイベントが
                    度々開催されるようになりました。

                    椅子の予備は10席分ありますので
                    テーブルを外に出して
                    ほぼ椅子だけにすれば30人どころか
                    35人までは座ることが出来ます。

                    でもこの場合、
                    テーブルがない不自由さもあるのですが
                    (まーそれはなんとか我慢していただくとして。かの得三でも満席LIVEの時はテーブルは撤去されてる)
                    演者さんがステージに上がるために通る隙がなくなるのが難点なのです。
                    なんとか上がったとしても、
                    ステージから降りるのにも気を使い
                    トイレ休憩もままならなくなるのです。

                    30人以上集まる人気ミュージシャンですからね、こちらも「申し訳ない(´Д` )」と。

                    そこで「秘策」登場!

                    ビッシリお客さんが詰まってても
                    ステージへの登り降りが気楽にできる!

                    さぁどんな方法でしょうか?

                    ヒント(2枚の写真)




                    カウンターで「このネタ」で盛り上がりましょう(^o^)/

                    iPad譜面のページがめくれる

                    2015.11.25 Wednesday 17:31
                    0
                      iPadの譜面を見て演奏してる人
                      けっこうたくさんいます。

                      でも画面が小さい、老眼には。
                      2ページとか3ページに分けると
                      ギター弾きながらじゃページはめくれない。

                      ふふふ(^.^)

                      出ました!

                      足で踏んでページをめくったり戻したりできるヤツ。


                      こんな感じ。

                      次のページに行くタイミングで

                      Bボタンを踏むとスッと次のページに。

                      戻りたかったらAボタンを踏むと

                      戻ります。

                      今のところジョンレノン中心にコード譜を
                      入れこんでますが
                      ご希望に応じて増やそうと考えてます。

                      ただしこれはモニター貸し出しで期間限定で
                      置いてもらってます。(iPadも)

                      早いうちにドンドン試してくださいねぇ(^ν^)

                      「iRig BlueBoard」
                      アイリグ ブルーボードって商品です。
                      Bluetooth使ってます。もちろんiPhoneにも対応してますし、充実のアプリにビックリです!








                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM