声にコンプレックス

2018.04.10 Tuesday 02:09
0
    私は異常に自分の声が嫌いだ。
    子どもの頃、先生や同級生に声のことでからかわれたのがトラウマになってるのかも?
    と考えたが、それにしても人並みはずれて自分の声が嫌い。

    でも歌うのは好きなのでタチが悪い。
    たまに魔がさして自分の歌を録音したものなんかを聞いたら、ショックで数日は歌えなくなる。
    このことを理解してくれる人は少ない。
    自分の声が好きとか、そんなに嫌ではない、とか言う人が本当にうらやましい。
    自分の声をどんなに褒められても、全然心に届かない。
    そんな無理して嘘ついてまで褒めなくてもいいのに。

    ではなぜそんな私がライブで歌ったりできるのか?

    ライブでは未だに「変な声」「不快だ」とお客さんに言われたことがない、のと
    某大手レコード会社に声をかけられたことが心の支えになっている。
    コンプレックスを克服するためのプラス要素なんだけど
    さすがにこんなにたくさん人前で歌ってたら
    気持ち悪い声なら誰か言うよね?
    レコード会社からも声かからないよね?
    (相方のきむやんの力が大きいにしても)

    なんて頑張ってコンプレックスを乗り越えようとしている。
    だって「損」だものね。
    歌いたいとき、歌いたい歌、歌いたい場所に巡り合ってるのに。

    「催眠術」なんかどうなんだろう?( ・∇・)
    手っ取り早く。
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM