程良い緊張感

2018.04.11 Wednesday 17:11
0
    毎週火曜日のナイトカフェ弾き語りは
    「弾き語りフェスタ」
    観覧チャージ無料のライブをやっております。

    ハコ(会場)の立場としましては、お客様側に寄らなきゃいけないのですが
    個人的にライブをやったりもするし
    ブッキングを担当している川沿クタ子もミュージシャンなので
    どうしても出演者にシンクロしてしまいます。

    「緊張してうまくいかなかった!」
    「練習ではうまくできてたのに!どうして?」
    「このステージには魔物がいる!」

    なんてよく「緊張」に関する悲鳴を聞きます。
    私自身もいわゆる「緊張しい」なので
    わかるのです。
    結構満席になることも多いですし、
    うちのステージは客席より一段上がってるし。

    「緊張しない方法は?」とかよりも
    この「弾き語りフェスタ」の緊張について分析するのがいいと思うのです。

    「弾き語りフェスタ」はお客様からはチャージを取っておりません。
    だから「金返せ!」なんてことは言われません。
    みなさんニコニコと観ておられ、いつも大好評です。

    何かのオーディションやコンテストではないので
    審査員がいたり、順位を競うものでもないです。

    となるとなぜ緊張するのか?

    それは、
    お客様に、より楽しんでもらおうと、自分の能力の限界ぎりぎりのことをしてるからなんです。

    いいことじゃあないですか。
    とてもいいと思います。
    緊張してください。
    お客様に対してドキドキしてください。
    その優しい気持ちはきっとお客様に届いてますから。

    そしてその緊張感はストレスを伴うものではありませんので
    「若返り、疲労回復、爽快感」につながります(本当に?)

    元気に長生きしたいなら「弾き語りフェスタ」に出演しましょう!
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM