潜伏キリシタン

2018.05.17 Thursday 18:51
0
    長崎のカトリック教会群と潜伏キリシタンの歴史が世界遺産になるかも?ですね。

    以前は「天草」という潜伏キリシタンの発祥地的なところが推薦されてなかったのですが、今回は入ったようです。
    良かった。

    なぜなら私がその天草地方の潜伏キリシタンの子孫だからです。

    あ、「隠れキリシタン」とは最近言わないようです。
    長い潜伏の中、独自宗教が生まれ、その教えを信じる人たちを「カクレキリシタン」と言うようです。

    潜伏キリシタン=カトリック信者と考えていいでしょう。

    我が故郷伊王島には大浦天主堂の次に建った教会があったり(現在明治村に移築)
    私が通った教会も相当な文化価値があるのですが
    90年ほど前に台風で壊れて建て直したので
    候補から漏れたようです。

    でも「潜伏キリシタン」の歴史が脚光を浴びれば当然伊王島にも注目が集まるでしょうからね。楽しみです。

    うーん、でも同じ炭鉱会社で栄えて同時に閉山した軍艦島が人気なのに
    うちの島は「炭鉱」「軍艦島関連」では全然注目されてないんだよねぇ。

    アピールしなきゃね!
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM