世界遺産登録

2018.07.08 Sunday 16:44
0
    「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が
    世界遺産として登録されました。

    私は天草地方の潜伏キリシタンの子孫のようでして、
    産まれてすぐにカトリックの洗礼を受け、
    5歳で初聖体
    12歳で堅信
    という資格を取りました。
    司祭職を目指し親元離れて5年間寄宿舎生活をしていました。
    一緒に住んでいた仲間たちは殆どが今回世界遺産に選ばれた教会の集落出身です。
    テレビなどで教会の名前が出る度にそれぞれの仲間の顔を思い出します。

    そんなドップリ潜伏キリシタン関係で育った私ですが、
    隠れキリシタンのことやその歴史、自分の先祖の歴史、生まれ育った集落の歴史さえ分かっていません。
    今回の世界遺産登録がきっかけで少し調べてみて
    「そうだったのか!」と初めて知ることが多いのです。
    私の集落も結構重要な位置づけです。
    「馬込」(まごめ)と云うのが私の実家の集落です。

    「知らなかった!」

    歴史も秀吉の時代から調べてみると、
    これがなかなかダークでディープで、
    大河ドラマのテーマにぜひ!と思える内容なのです。

    マーチンスコセッシが目をつけるわけだ。
    少し調べただけでも日本の闇、宗教の闇が見えて来ますよ。

    せっかくの機会ですからね、日本の歴史が世界遺産に登録されたのですからね、
    みなさんも調べてみてはいかがですか?

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM