タブレットのカラクリ

2018.07.16 Monday 03:29
0
    先日、ネットに繋がるタブレットを
    2台導入したことを記事に書いたが

    「儲かってるねぇ」
    「金持ってるねぇ」
    「高かったでしょ?」
    と、「誤解」(´ー`)をされた。

    それとコレは意外とみなさん知るとタメになるかも知れない、と思ったので
    ツラツラとお安く今でも使えるタブレットを入手する方法を書いてみる。

    最初に目をつけたのは「Amazon」が出してる「fire」というタブレット。
    欲しい画面サイズは10インチ(B5判相当)以上。
    そうなると3万円以上が相場。
    だけどこの「fire」はその半額、
    さらにプレミアム会員になるとほぼ1万円で買える。
    コレは買いだ!
    当初1万円予算の私。
    でもシミュレーションして見ると、やはり2台欲しい。
    一台5000円の10インチダブレットはないものか?
    旅が始まった。
    3日ほど調べに調べて見つけたのが
    買ったヤツ。
    中国のメーカー(acer)のものだけど世界中で販売しててそれぞれの国でサポートしている。
    2011年に発売された当機種は、当時ハイスペックで定価は4万円くらい。
    アンドロイドの最新OS。
    でもなぜかスペックダウンして1年後に出た後継機種に譲り、
    日本でのOSバージョンアップのサポートをやめてしまった。
    そうなるとアプリもダメ、動画もダメ、サイトも最新バージョンでは見られない。
    当然みんな後継機種のほうを買う。
    スペックは今でも通用するレベル。

    ってなわけで新品同様のものが4000円で出回っていて
    (中古だと1000円とかね、ヤフオクで)
    そして今早い話、この機種のOSをバージョンアップする裏技をネットで発見したのだ。
    サポートをやめたのは何故か日本だけなので
    他の国のユーザーのためにバージョンアップ用のOSがネットで無料でダウンロードできるのだ。
    「しめしめ」と早速、楽々と落札。
    (だってこのこと知らないと買っても使えないから人気のないこと)


    そして届いた当日にバージョンアップ作業。
    うまくいった!
    と思いきや、外国用のOSなので
    表記やら入力が全部「ドイツ語」になってしまっていた。
    なんとか「英語」に変更し、表記はなんとか分かるけど
    「入力」が英語だけだと不便。
    つまり日本語のひらがな、ローマ字入力ができないのだ。
    歌の検索もできない。
    んでいろいろいじったりやり直したり格闘。
    作業開始から10時間後(本当)、日本語入力アプリ(もちろん無料)を入れればいいじゃん!
    ってことを閃いた!午前3時のことだった。
    見事!解決!

    という流れでした。

    Wi-Fiや無線LANに繋がる10インチタブレットを5000円しないで手に入れるチャンスです。
    お客さんには無償でOSのバージョンアップ作業やアプリを入れる作業をしますよ。
    どうですか?アタマイイデショ?オレ
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM