半音落とし

2018.07.26 Thursday 02:14
0
    若い頃と比べて高い声が出にくくなってる。
    もう50歳だもんね、しょうがないことなのか。
    ムリしてキンキン声とか、苦しい声を出すより、ここは潔く半音落とし。

    でも、原曲キーカポ有りならいいのだけど
    ノーカポ設定でGとかCとか辛いよね。
    半音落とすためには「カポ11」ってね(^^)

    そこで閃いた!
    あの日頃使わないジャンクギターを半音落とした設定のまま置いておこう!

    で、早速ジャンクギターを半音落とし。
    ローコードで例えば「スローバラード」をGでやったり
    「歌うたいのバラッド」をCでやったりして
    お?余裕で気持ちよく歌えるじゃん?なんて遊んでた。

    お客さんが来て酔っ払って
    「半音下げチューニングのギターでーす!」
    なんて紹介して
    思いつきで「歩いて帰ろう」をFで
    ジャッジャッジャーなんて弾き語り始めた。
    この歌のギターは8フレットのCまで
    1→5→5→7→8
    の流れがカッコいい。

    あれ?おかしい?
    もうFの次のAm7(5フレットセーハ)の和音が気持ち悪い。
    歌えないくらい気持ち悪い。

    頑張って歌っても気持ち悪い。
    ハイフレットに行けば行くほど気持ち悪い。

    いや、ちょっとシャープするとかのレベルじゃなくて、和音に成ってないという感じ。

    ならばローコードだけで済ませるか?
    うーん、それじゃあ、半音落としの意味がないじゃん。
    そもそも標準チューニングでEでやればいいんだし。
    結局、途中でやめた。歌えない。

    ピッチとかオクターブ調整とかどうもその辺が軽視されてるギターなんだろうね。

    あ、もちろん、ハーモニックスチューニングとか知ってる者です。

    うーん。
    半音落としのローコード専用のギターってことで
    どうでしょう?

    あ、1930年代のブルースの雰囲気が出るかも?
    知らんわ。
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM