えこひいき

2018.09.09 Sunday 02:32
0
    中学時代は特に「国語」先生に
    あからさまにえこひいきされていた。
    中1のとき、夏休みの宿題の「日記」の中で
    何も考えず、島から船に乗って歯医者に行ったくだりを書いたところ
    これを国語の先生が気に入って校外のコンテストに出し、賞を貰ったことがある。
    もっとも「文」の関係で賞を貰うのは
    小学生の頃から当たり前のことだったので
    それほど印象には残ってない。

    高校受験は中学と同じ学園内なので、テストの点数が先生には筒抜けのようだ。
    受験後の国語の授業で剣道7段のみんなに恐れられてる先生(私には優しかった)が
    「受験のテストで嬉しいことがあった。
    国語で100点だった生徒がいる」
    潤んだ先生の目が私を見つめ
    「福ちゃん!よくやった!」
    と満面の笑みで褒めてくれた。

    嘘のような本当の話。この歳になったらいいの、自慢が入っても。

    他の先生とは相性が悪くて凄く嫌な思いもしたし
    クラスメイトのやっかみも正直あった。
    けれども私はこの国語の先生たちのえこひいきのおかげで
    なんとか学校生活を乗り切ったと本気で思っている。
    (実は「英語」もだったのだけど複雑になるので割愛)

    先生たち、気に入った生徒のことはとことん気に入ってやってください。
    その子の人生を救うかもしれません。
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM