「弾き語り」の意味

2018.11.11 Sunday 04:06
0
    本当のことを言うと8年前「弾き語り」を店名にしようと考えた時は
    熱い想いがあった。
    「詞」を大事に語るように歌い、ギターは「詞」を活かす伴奏のみの世界を作ろうと。
    現実、そんな世界は少数派だったので
    マーケットはなかったので1年目で諦めた。

    「何らかの楽器を弾きながら歌うこと」という
    マジョリティの定義を表向きとした。

    すると
    ギターインスト
    クラシックギター
    アカペラ
    の方達が『「弾き語り」じゃないけどいいの?』
    と心配して躊躇するようになった。

    いえいえ「音」をもって何らかの世界を
    聴いてる人に見せようとする行為は
    私が初期に考えていた「弾き語り」の意味に通じるものがある。

    人によっては「言葉」よりも「音」の方が
    訴える力を持つと信じているだろう。
    写実主義もいれば抽象主義もいる。

    だから、歌わなくても「弾き語り」
    楽器をともなわくても「弾き語り」。

    ましてや
    「洋楽」「邦楽」
    「フォーク」「ロック」「パンク」
    「バンド」「独り」
    「コピー」「カバー」「自作自演」
    なんだっていいじゃない。
    聴いてる人の幸せを願っての音楽表現なら
    どんな形態だって僕の好きな「弾き語り」なのだ。

    条件は「ヒトの気持ちを思いやれる優しい人」
    それだけだ。


    ♪ ファイト!
    戦う君の歌を戦わないやつらが笑うだろう
    ファイト!
    冷たい水の中を身をよじって昇って行け♪
    (中島みゆき 「ファイト」より)
    Comment
    私は、らうむさんのギターレッスンを(たった数回ですが)受け始めて、お話を聞いたりして行くなかで、確かにブログに記されている

    歌は「詞」を大事に語る もので
    ギターは「詞」を活かす伴奏のみ のもの
    なのだと思いました。

    でもどこかなんだか私にはしっくり来ませんでした。

    そしてある日
    『弾き語り でギター聴いてる人あんまり居ませんよね』
    ↑ どなたかが仰った言葉なのですが、いやいや私は歌もギターもちゃんと聴いてるよ?と、これまた弾き語りとは?とぐちゃぐちゃになりました。
    そして、最近ようやく
    らうむ木村さんのブログ上の言葉を借りると

    私は
    「音」をもって何らかの世界を
    聴いてる人に見せようとしたい人

    「言葉」よりも「音」の方が
    訴える力を持つと信じている人

    なの かも知れないと気づきました。

    (どちらが写実主義なのか抽象主義なのかはわかりませんが……(; ̄ー ̄A)

    私は詞と曲両方を自作したことがないので、お前が言うな!かも知れませんが
    楽曲によって言葉を大事に表現するか
    音を大事に表現するかは変化すると思っています。

    両方がバランス良く交互にだったりほんの一部だけバーンと突出したり。上手く表現出来ませんが(泣)バンドや他の楽器の力を借りず、ギターだけでそれが出来るようになれたら、とずっと私は思っていたんだなぁと
    気づかされた数ヶ月とこのブログでした。
    なんだか自己完結みたいなコメントですが、
    えーとえーと
    ありがとうございました(。uωu)♪
    • M☆O
    • 2018/11/11 11:33 AM
    またまた すみません。

    極端な話ですが

    さだまさし さんの『北の国から』は弾き語りじゃないの?となっていたんです(^_^;)

    由紀さおりさんの『夜明けのスキャット』も、こちらは少し歌詞ありますが じゃあこれは?などなど脳内がフツフツと混乱してました(ヽ゚д゚)

    私が、定義とか何も考えずしてあれこれ聴いてきた物をセルフミックスしすぎたからでしょうか( ω-、)

    • M☆O
    • 2018/11/11 11:41 AM
    三連投すみませんヽ(;▽;)ノ!

    最近こんな言葉を知りました。


    オルタナティヴ(Alternative)ロック ・メタル・パンク

    もうワケがわかりません(´*ω*`)
    • M☆O
    • 2018/11/11 11:45 AM
    ナイトカフェ弾き語りに通い始め5年。弾き語りに挑戦したり、あまりにも歌がうまく唄えず、インストに転向したり。。。
    インスト時代はお客さんに「歌のない音楽なんか2曲聞けば眠くなる」と面と向かって言われたりしながらも5年間もがいて来ました。毎日毎日2時間も3時間も練習しました。
    1年前からまた弾き語りに転向し、今は楽しくて楽しくて仕方ありません。最近やっとらうむさんが言う、「言葉を人に伝える」大切さが何となく分かってきました。ギターも歌も凄く上手くても、伝わらない人の唄は心に響きませんものね!
     まだまだ「伝わらない」僕ですが、ここからがスタートだな〜!と今は思っています。
     これからもよろしくお願いします。
    • ゆき
    • 2018/11/11 12:17 PM
    M☆Oさま<
    どっぷりとハマってください。
    音楽の世界を定義付け分けるのはもったいないですよ。
    ただし得意か不得意か(耳ができてるかどうか?)ってのはあります。
    「詞」の世界がわかるにはまた相当なもの訓練と勉強が必要になります。
    「音」の世界もですが。
    まぁ訓練や勉強しなくても分かる世界もあるようですが
    私はあまりそちらの方には興味がなくて、、
    ライフワークといっても過言ではないですから
    楽しんで究明していってくださいませ。
    • らうむ木村
    • 2018/11/12 1:10 AM
    ゆきさま<

    ゆきちゃん達のインストも好きでしたし
    思い入れのある歌のカバーもすきです。
    クラシックギターの日も実はすごく楽しみにしています。
    ただどの世界にも表面だけを繕ったら輩がいて、
    そういう人に限って怖いもの知らずで真面目にやってる人を
    蹂躙する現場も度々目撃してきました。
    どの道にしても真面目に究明している人たちは素晴らしいと思います。
    戦わない人たちからすると愚かに見えるんでしょうね。
    いわれのない迫害の苦しさよりも
    音楽が分かってくる楽しさが勝っちゃうんですがね。
    今後もよろしくお願いします。
    • らうむ木村
    • 2018/11/12 1:17 AM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM