ラテン語ららら

2019.01.30 Wednesday 04:31
0
    杉山さんからいただいた!

    「お正月にバチカンの近くにいたらこれ配ってて、、」
    「こんなのもらって喜びそうなの、らうむさんしか思い浮かばなくて、あはは」
    はい!正解です!さすがもう15年のつきあい。
    ありがとうございます!
    内容は

    バチカンや各教会での正月ミサのプログラム、通称「いのりぼん」。

    聖歌はラテン語が多い。
    この本のラテン語の歌はワシほぼ歌える。

    中学1年から高校2年までラテン語を学んだ。
    授業は週3回。
    毎日の祈りはラテン語、聖歌もラテン語。
    生活の挨拶や用語もラテン語。
    学期内に2回の定期テストがあるが、メインの科目はもちろんラテン語。

    ラテン語の名詞は男性、中性、女性と分かれてて
    それぞれの性別を把握しなければならない。
    なぜなら名詞が助詞を帯びる変化の仕方
    主格、呼格、属格、与格、対格、奪格
    は、よ、の、に、を、で
    が微妙に違ってくるから。
    (調べずに記憶だけで書いてるので正確かどうかは保証しません)

    とにかく暗記暗記の言語。

    実は私はそれほど得意ではなかった。
    ラテン語だけはトップになったことはなかった。
    (寄宿舎では他に英語、国語、数学、神学の授業と定期テストがあったけどこれらは得意だった。ラテン語だけ苦手。)

    でもラテン語の聖歌を歌える日本人も今や希少価値だろうから、
    生きてる間にバチカンに行ってミサに参列して、ラテン語の聖歌をみんなと一緒に歌いたいね。
    きーりえーれーいそんきーりえーえーれいーそん♪
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM