2人で3000円でいけるか?

2019.11.27 Wednesday 14:36
0
    ちゃんとした炭火焼肉屋さんで。
    すえちゃんと夜ご飯。

    いつも何か達成感が欲しい私は課題を自分に課す。
    それが夕ご飯であろうとも。

    今回の課題は
    「2人で予算は3000円だからね」
    た、ただのビンボーじゃん!

    今池の炭火焼肉仁は安くて美味しい。 席料がないし、税込価格表示だから計算しやすい。
    この前、せきちゃんと食べた時は一人当たり2500円になってしまった。
    でもビールは飲んだし、それぞれ2人前ずつ注文したし。

    その反省を活かし、肉は一人前ずつ注文で三品のみ。
    アルコールは飲まない。烏龍茶で。
    ごはんを頼んで腹を満たす。

    よし!注文だ。
    「飲み物はいかがなさいますか?」
    すえちゃん
    「私、マッコリで」
    ガガーン!一瞬でルールが崩壊。
    「じゃあ、ボクは生中で」
    釣られてしまった!

    飲み物が来て
    「お肉は何になさいますか?」
    来た!あらかじめシミュレーションして来ている。
    カルビとハラミと上ホルモンを一人前ずつだ。
    すえちゃんが答える。
    「この厚切り特上タンください」
    く、黒毛和牛のやつやん!
    私はシミュレーション通りの注文をする。
    えーと、ご飯は、と
    すえちゃん
    「あ、ご飯は大盛りでお願いします!」
    大盛りにして、少し自分が分けてもらう作戦なんだとドヤ顔している。

    いや、予算のね、あのね。


    特上厚切りタン来た!
    うまい!780円!コスパ最高!


    これは3000円超えたな、、。
    まぁ美味しいし、満腹だし。

    でもごはんを少ししか食べてないすえちゃん、
    メニューをしきりに眺めている。

    私の財布には3000円と小銭のみだ。
    いざとなったらカード払いがあるが。
    「すえちゃん、帰りにナイトカフェに寄って
    クタ子ちゃんが置いていったバナナを食べようか?ね?」

    無理矢理帰らせることに成功。

    果たして、お会計は?

    「3700円です」
    小銭を集めたらちょうど払えた。

    厚切りタンの分余計だった?でもアレは美味しかったしなぁ。
    アルコールかな?ご飯の大盛りかな?差額は。

    よし!次こそは!2人で3000円!

    ローマ教皇が来た!

    2019.11.24 Sunday 09:42
    0
      ジョンレノンが凶弾に倒れたのは1980年12月9日(日本時間)。

      実は私はこのニュースを全く知らなかった。
      世間から全く隔離された状態で近くやって来る大イベントの極秘準備の真っ最中だったからだ。

      ローマ教皇ヨハネパウロ二世がやって来る!
      テレビもラジオも新聞も見てはいけない中で
      毎日毎日厳しい賛美歌の訓練。
      ラテン語の祈りの訓練。

      ジョンが撃たれて3ヶ月後、ローマ教皇がやって来た!

      この教皇来日の凄さを何に例えよう?
      うーん、例えばビートルズファンにとって
      今年、ポールじゃなくて
      ジョンレノンが来日するよ!
      くらいの凄さなのだ。
      当時のカトリック信者には。本当に。
      私は2つのミサに出た。
      1つは浦上天主堂の2000人限定のミサ。

      この写真は翌朝の修道女限定の歓迎式だけど
      私のイメージは全くこれ。
      この教皇と修道女の間の塀に押しつぶされていたチビ(149cm)の私。
      目の前に教皇の握手の手が伸びてるのに
      きゃーっ!という悲鳴とともにグルーピーと化した修道女の手の方が勝り、結局教皇の後ろの外人の枢機卿に握手された。
      ちがーうっ!

      (因みに写真に写ってる日本人の枢機卿は私に2つ目の霊名をくれた人。一番仲よかった先輩の叔父さん。)

      翌日は松山競技場でのミサ。
      さだまさしや福山雅治がコンサートをやるところ。


      何万人もひしめき合う会場。
      今思うとプラチナチケット的な最前列でこのミサに参列できた。
      雪が降り積もる中(長崎でこの時期に雪が積もるなんてあり得なかった。)
      ミサの間、教皇に傘をさしているのは
      同じ神学校の先輩。
      聖書を開いて教皇に掲げている人もいるそう。
      当時私は中学1年、そこまでは出来ず聖歌隊の一員というだけ。

      この時はとにかく「奇跡」、
      長崎の信徒が教皇を待ち焦がれたのはなんと400年!
      (正確には398年。天正遣欧少年使節との約束以来とされる)

      今回のフランシスコ教皇の来日はそれほどのものではないだろうが
      1981年の余波はあると思う。
      ぜひ!目撃してもらいたい!

      シークレットライブなのだ

      2019.11.22 Friday 17:26
      0

        金曜日ですが、本日はオープンマイクではなく
        「貸切」です。

        有名ミュージシャンのシークレットライブパーティーです。

        こういう依頼に応えられるハコになりましたよ(^_^)

        今池は焼肉の町

        2019.11.21 Thursday 12:14
        0
          今池は昔から韓国の人もたくさん住んでるので
          焼き肉屋さん激戦区なのだ。

          最近立て続けに行きつけの今池の焼き肉屋さんが2軒連続で閉めてしまったので新規開拓。

          昔行きつけだった安い焼き肉屋さんが
          今池の街中に移転して以来行ってなかったので
          すえちゃんと行ってきた。

          変わらず美味しいことは美味しかったんだけど
          綺麗なテーブルや壁、広々としたフロアに違和感が、、勝手なんですけどねσ(^_^;)

          そして価格が高くなってた。
          移転前のお店のつもりで注文してたら
          財布の予算オーバーになってしまった。
          ここは今池の一等地、スタッフがみなさん日本人。仕方がないのでしょう。

          そして数日後、せきちゃんと
          せきちゃん御用達の美味しくて安いと評判の焼き肉屋さんへ。


          カルビとハラミを2人前!ずつ(いつも私は2人の場合1人前ずつ注文する)
          とか生中ビールをおかわりとか

          ホルモンもたっぷり!ご飯も!

          美味しかった!


          そしてお会計は?
          なんと前のお店とそう変わらない。
          2倍は食べて飲んだ感覚なのに。

          焼き肉を食べると脳内に幸せ物質が流れて
          幸福感に満たされるらしいのだが
          会計でさーっと冷めないように
          お安い店がいいね。

          まー一度は行ってみないとわからないんだけどね。

          せきちゃん御用達のお店は
          炭火焼肉 仁」さんです。おススメです。
          私はこれで4回目でした。

          音響修行開始

          2019.11.20 Wednesday 14:41
          0
            「演者の表現を生かすも殺すも
            裏方さん次第」

            演者さんがいくら素晴らしい演奏をしたとしても
            裏方さんが一緒に心を込めて素晴らしい演出をしなければ「イマイチ」で終わってしまう。

            18才、名古屋に来て初めてのアルバイトは港湾会館の裏方の仕事だった。
            音響、照明、特殊効果など普段はおじさん1人でこなしていた。
            その人がもう本当に一生懸命で、どんなイベントにも真摯にこなしていた。
            私はおじさんの指示通りに動くロボットだったが
            おじさんの姿勢は今も忘れない。
            その影響で演者側の立場に立っても
            どうしても「裏方さんと一緒にやらなきゃ」って意識で臨んでしまうようになった。
            結構、嫌な思いもしたけど、一緒に良い表現にしよう!とやってくれているハコや業者さんに巡り合うと幸せになる。

            ライブにおいて重要な裏方さん「音響さん」の修行にすえちゃんが飛び込んだ。

            私の元だとなんか照れくさいので
            クタ子ちゃんに弟子入り。

            ゲイン、ボリューム、エフェクト、イコライジング
            覚えることはたくさんあるけど、それを感覚で操作できるよう頑張っている。

            これをマスターするとミュージシャンとしてもまた1つ上の表現が見えるようになるよ。
            がんばれー(^-^)

            ボーカルレッスン

            2019.11.18 Monday 14:28
            0
              私は「ボーカルスクールに通う」ことについては肯定派だ。

              私自身は通ったこともないし、通った経験が無くて人前で歌っている人はたくさん見かける。

              でもそんな人もどこかで「歌うことの訓練」を受けてきたはずなのだ。

              例えば私の場合、中学校は私立なので
              「音楽」の授業は週に1時間のみで、
              外部から派遣のおじさんの先生がやる気なくやる。

              ピアノを弾いてとにかく教科書の歌を歌わせる。
              みんな椅子に座ったまま、発声法もその歌のことも一切教わらないまま、45分歌うのみ。
              3年間楽器とかペーパーテストなど1つもなく、ただ歌わされ、
              定期テストは1人ずつ前に出てワンコーラスだけ歌って終了。
              通知表の5段階で結果が分かった。

              当時は他の学校のことを知らないから、
              音楽の授業ってこんななんだなぁと。
              高校で他の中学出身の同級生から「それは変だ!」と言われて初めて気づいた。
              その時は楽器とか理論とか教えて欲しかったなー、と思っていた。

              でも大人になってこれが良かったことがわかった。
              人前で歌う、ことにこの中学出身の連中が抵抗がないのだ。
              長崎のバンドのボーカルとして活躍してる元クラスメイトが何人もいた。
              高校の修学旅行の大広間での食事で前でマッチを歌ってるのは同じ中学のクラスメイトだった。

              上手いとか下手とかよりも、まず人前で堂々と歌う訓練をする。
              それはカラオケとかでも出来るだろうけど
              やはり「先生」の前で歌うのがとても効率のいい訓練だと思う。

              そして思い切って人前で歌って、
              みんなから拍手や声援をもらう。
              この快感の虜になってしまうのだ。

              ボーカル教室の選択、こちらでも相談に乗っております。

              楽しみな時間を増やそう

              2019.11.13 Wednesday 13:30
              0
                仕事場であるナイトカフェ弾き語りは
                ほぼ年中無休でメインの営業時間帯は夕方から深夜、
                となると、犠牲になる趣味は「ライブ観戦」。

                トクゾーに行きたい!徒歩10分以内のところにあるのに行けない!
                今池や池下は魅力的なライブハウスやライブバーがたくさんあって、そのスケジュールもだいたい把握している。
                行きたい行きたい行きたい〜!

                そんな衝動を毎度抑えてくれているのが、
                ナイトカフェ弾き語りでやってる
                毎週火曜日の「弾き語りフェスタ」なのである。





                音響、照明、ブッキングなどはクタ子ちゃんがやってくれるので
                私はライブ観戦に集中できる。
                完全にお客さん状態。楽しんでいる。

                とてもステキな素晴らしい時間なのだ。

                来年からかな?企画中の話なんだけど
                このライブイベント、週に1回では少ない。
                出演希望の人がいても2ヶ月後、とかなったり、
                頻繁に出て場慣れしたい人でもせいぜい月1回の頻度。
                (「ライブミュージシャン」の目安は週2日以上のライブをこなすこと)

                だけど他のライブバーやライブハウスでは「ライブ出演」は集客ノルマとか敷居とかでちょっと現実的ではない。

                よし!週にもう1日増やそう!
                毎週金曜日はどうだ!
                ってところまでは考えた。
                あ、実はタイトルも考えた。
                まだどれも「決定」ではないけれど。
                やりたいな。

                ビートルズを歌おう!

                2019.11.11 Monday 08:44
                0
                  いまじんさんとの共同開催
                  「ビートルズを歌おう!ハードデイズナイト」
                  6回目!

                  ビートルズ愛に溢れまくったひと時でした。
                  師匠の江口晶さんがとても楽しそう。
                  ブラックジョークまで飛び出しておもしろかった。
                  私に対してもとても嬉しいことをおっしゃってくださって
                  (他のみんなは聞き流したレベルの話なんだけど1人じーんと来てた)
                  ビートルズが好きで良かった!
                  (実は江口さんとの出会いはビートルズが縁なのだ)

                  「ビートルズを歌おう!」の参加者のみなさんともどんどん親しくなっていく。




                  第7回は来年の1月!
                  その前に12月8日は江口晶主催の「レノンズナイト」
                  ジョンが食したフランスパンを取り寄せてみんなで一緒に食べましょう!
                  なのでなるべく予約をお願いしますm(._.)m

                  余談。恒例のすえちゃんとの打ち上げは

                  四川園でチャーハンとラーメンと小龍包。

                  スタンダードが好き!

                  打ち上げ

                  2019.11.10 Sunday 14:49
                  0
                    みんなが笑顔でいられた日は、ハコ(裏方)として嬉しい。

                    そんな時は美味しいものを食べて1日を締めくくりたくなる。

                    深夜、すえちゃんと

                    寿司!
                    今池すし旬!
                    この並盛りは900円!
                    まるでランチ価格。
                    だから

                    すえちゃんも同じもの。

                    そして何か食べたいものを2貫追加する決まり。
                    今回は

                    あん肝の握り!
                    これ一貫200円。安っ!
                    美味しい!

                    烏龍茶を2人とも飲んで、深夜料金が少しついて
                    会計は3300円。1人1650円。
                    満足満足。


                    あ、最近立て続けに近所の焼肉屋が二軒閉店した。
                    私が寿司に浮気していたせいだ。
                    よし!次は焼肉だ!あみやき亭だ!(オイ(*・ω・)ノ

                    年月

                    2019.11.06 Wednesday 02:46
                    0
                      11/3(日)夜、すえちゃんとデート。
                      名古屋市科学館の1階の喫茶店でのライブを観に行った。


                      そう、娘が所属するアコースティックバンドのライブ。

                      楽器担当の2人は音楽教師の資格を持ってる筋金入り。
                      ボーカルは芸術家。

                      「上手い」ってのはこういう表現ができる人たちのことを言うのだろう。
                      「ウチでもやってよ!」とスカウトしておいた。

                      帰りにちょうど30年ぶりとなる

                      東区の喫茶ボンボン。

                      全国的にも有名な70年の歴史を誇るレトロな純喫茶。

                      すえちゃん、レトロ感に大喜び!

                      タバコを吸ってる親父も純喫茶の風景。
                      この風景も来年春からは見られなくなるんだろうな、目に焼き付けておこう。
                      (来年四月から健康増進法改訂のため喫煙できる喫茶店はほぼなくなる)

                      このボンボンの近所にはすえちゃんがアルバイトしていたパスタ屋の跡があったり
                      私がバーテンやってた店の跡があったり。
                      時の流れを感じる高岳の町。

                      52歳ってのはそういうことだね。
                      この町を30年以上知ってるってことだもんね。
                      今は過去の続き、未来は今の続き。
                      ノスタルジー。

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM